5分で理解【初心者向け】PHPとは?わかりやすく解説!

php PHP

PHPとはどういったものかピンときますか?

プログラミング言語と言っても様々な種類の言語があり「どの言語を学習すれば良いのだろう?」と悩んでしまう人がほとんどだと思います。

PHPはその数多くある言語の中から初心者におすすめしたい言語の一つです。

自分自身もプログラミング言語の勉強はPHPから入りました。

PHPは関数やフレームワークが充実しており企業でも、Webアプリケーション開発を中心に使用されています。

PHPを用いれば様々な機能を持ったWebサイトを作成することができます。

今回は、初心者向けにPHPについて解説していきます。

PHPとは?

まず、PHPとはプログラミング言語で動的なコンテンツの作成に向いています。

PHPの正式名称は「PHP:Hypertext Preprocessorで、開発当初は「Personal Home Page Tools」という名称であり「PHP Tools」と略して呼んでいたため、名称変更がありましたが、略称は変わらず「PHP」という名前になったと言われています。

HTMLは文書を書くためのマークアップ言語であり、CSSは文書をデザインするためのスタイルシート言語なので、PHPとは全く違う言語です。

JavaScriptという言葉を聞いたことがありますか?Webサイト制作時に頻繁に使用されるプログラミング言語ですが、これはPHPとは行っている動作が違います。

JavaScriptはWebブラウザ上で実行されるので、コードがどの様に記載されているかサイト閲覧者が確認出来てしまいます。

PHPはサーバー側でコードを実行し、その結果を閲覧者が受け取るため、どの様なコードが記載されているかは確認することができません。PHPはコンピュータに命令するための言語で、コンピュータへの命令書(プログラム)を作成します。これこそがプログラミングです。

PHPで出来ること

では、PHPで出来ることは一体何があるのでしょうか?

・検索機能の作成
・お問い合わせ機能の作成
・コメントの反映
・現在時刻の表示
・WordPressを利用したサイト運営  など

上記の機能を実装することができます。

なので、今後「自分でWebサイトを作りたい!」「自分でブログ運営してみたい!」って人にはうってつけの言語となっています。

ちなみに当ブログもWordPressを用いて制作・運営しています。

PHPを習得するメリット

さて、PHPを習得するにあたりどのようなメリットがあるのでしょうか?

1つ目は
PHPとは元々、動的なWebページを作成するために作られたプログラミング言語であるため、動的なWebページ制作において最も簡単に学べるプログラミング言語であると言えます。

2つ目は
HTMLと組み合わせて使用することができ、HTMLは静的なコンテンツをPHPは動的なコンテンツを記述するという分け方を行い、手軽に作成することができるだけではなく修正も手軽に行えるメリットがあり、HTMLの理解も同時に深めることができるメリットがあります。

3つ目は
多くのWebサイトでの使用実績があり
・Facebook
・Wikipedia
・Yahoo! JAPAN
・WordPress
・ぐるなび    など

大規模なWebサービスにも使用されています。
特にPHPを習得できれば、自分でWrodPressを好みに設定できるようになります。

おわりに

PHPがWebサイトにおいてどのようなところに使用されているか概ね理解できたでしょうか?

プログラミングの入り口としてPHPはとても良い言語ですので是非習得してみてください。

タイトルとURLをコピーしました