5分で理解【Git入門】Gitを実際に使ってみよう

git-use Git,Github

Gitの初期設定が完了したら、実際に使ってみましょう。

初期設定がまだできていない、分からない方は以下の記事をご覧ください。

Gitを実際に使ってみよう

Gitで管理するディレクトリの作成

ターミナルを開いて以下のコマンドで今いる場所を確認しましょう。

$ pwd

$ pwd で今いる場所が表示されます。

ターミナル

上記だと「/Users/yujimaeda」にいます。

次に以下を実行しましょう。

$ ls

$ ls で今いる場所から次にアクセスできる場所が確認できます。

ターミナル

「Applications」や「Documents」などありますが、「Desktop」へ移動しましょう。

以下を実行してください。

$ cd Desktop

$ cd Desktop でデスクトップへ移動します。「cd」 とは「change directory(チェンジディレクトリ)」ディレクトリを変更するという意味で、その頭文字を取ったコマンドです。

$ pwd で確認すると
/Users/yujimaeda/Desktop に移動しています。

以下のコマンドを実行してください。

$ mkdir git-test

「mkdir」は「make directory(メイクディレクトリ)」ディレクトリを作成するという意味で「$ mkdir ファイル名」でディレクトリを作成します。

$ cd git-test

これでデスクトップにある「git-test」という先ほど作成したディレクトリに移動しました。

ディレクトリをGitの管理下に置く

先ほど作成した「git-test」に移動した状態で以下コマンドを実行してください。

$ git init

「Initialized empty Git repository in /Users/yujimaeda/Desktop/git-test/.git/」という表示が出てくると思いますが、「空のリポジトリを/Users/yujimaeda/Desktop/git-test/.git/に初期化しました」と言う意味で、これで「git-test」というディレクトリはGitの管理下に置かれました。

コミットまでしてみよう

試しにindex.htmlを作成してください。

ターミナルへ戻りgit-testディレクトリにいる状態で以下を実行してください。

$ git status

$ git statusで index.htmlが変更した箇所と教えてくれます。

$ git add index.html

$ git add index.html でワークツリーからインデックスへ登録されます。

$ git commit -m "Create index.html"

$ git commit -m "メッセージ" でインデックスからコミットします。

"メッセージ"はその時に行った変更内容を入力します。

これでコミットまで完了です!

まとめ

$ git init ・・・ ディレクトリをGitの管理下に置く
$ git status ・・・ どのファイルが変更されているか確認
$ git add ファイル名 ・・・ 指定したファイルをワークツリーからインデックスへ登録
$ git commit -m "メッセージ" ・・・ メッセージを登録してコミットする

これでGitを使用して管理できるようになりました。

タイトルとURLをコピーしました