5分で理解【PHP入門】配列(array)について徹底解説

php-array PHP

配列について理解したい人向け
配列ってなに?
なんとなくわかるけどきちんと理解出来てない

このような疑問を解決します。

本記事の内容
・配列について
・添字配列について
・連想配列について
・多次元配列について

配列(array)とは?

配列とは?

配列とは、複数の値をまとめて管理することのできる型です。

配列には2種類あります。

1つ目が添字配列、2つ目が連想配列です。PHPではどちらも配列と呼びます。

配列はarray()で記述し添字配列は0から(0,1,2,3・・・)の連続した整数キーで管理され、連想配列は文字列などでキーを定義します。

添字配列

添字配列は0から(0,1,2,3・・・)の連続した整数で管理され、整数を用いて要素にアクセスします。

添字配列の基本的な使い方
  • array() で作成するか、[ ](角括弧)で作成する。
  • 0からの連続した整数で管理され、整数で要素にアクセスする。
  • 要素と要素はカンマ( , )で区切る。

以下のソースコードを確認してください。

1つ目の記述方法はブラケット[ ] を使用する記述方法です。

$変数 = ['要素1', '要素2', '要素3'];

2つ目の記述方法はarray()を使用する記述方法です。

$変数 = array(
'要素1',
'要素2',
'要素3',
);

3つ目の記述方法は後ろに追加できる記述方法です。

$変数[ ] = '要素4';
$変数[ ] = '要素5';

連想配列

連想配列は、要素に名前(キー名)を指定してそのキーで要素にアクセスする配列を連想配列と呼びます。

連想配列の基本的な使い方
  • array() で作成するか、[ ](角括弧)で作成します。
  • キー => 値 のペアを1つの要素とします。
  • 任意のデータ型のデータを値としてもつことが可能です。
  • 要素と要素はカンマ( , )で区切ります。
  • キーとして用いることができるのは、「整数」と「文字列」

以下のソースコードを確認してください。

連想配列は$sports['baseball']でbaseballというキーで野球が出力されます。

$変数 = array(
'キー名' => '要素1',
'キー名' => '要素2',
'キー名' => '要素3';
);

配列をvar_dump()で出力してみましょう。

ここまで理解できれば、配列の基本はバッチリです!

Tips

配列は複数の型を保存することができます。

キーを持たない要素とキーを持つ要素を混ぜて定義することができます。

初期化時にキーが重複していた場合、あとに定義された要素が用いられます。

多次元配列

多次元配列とは?

配列の中に配列が入っていることを多次元配列といいます。

ソースコードを確認していきましょう。
※foreach文が出てきますが、ここでの解説は省略します。

このように配列の中に配列を入れるという、複雑な構造をもつ配列をつくることもできます。

まとめ

配列とは、複数の値をまとめて管理することのできる型です。

添字配列は0から(0,1,2,3・・・)の連続した整数で管理され、整数を用いて要素にアクセスします。

連想配列は、要素に名前(キー名)を指定してそのキーで要素にアクセスする配列を連想配列と呼びます。

多次元配列は配列の中に配列が入っていること


配列をしっかり理解して使えるようになりましょう!

タイトルとURLをコピーしました